商品ページ↓↓

ピジョンアームアーマーLサイズ
https://armormania.booth.pm/items/1624254

IMG_3711


ピジョンライトアームアーマーLサイズ
https://armormania.booth.pm/items/2230695

スクリーンショット 2020-07-21 10.45.10

ピジョンライトキュイスLサイズ
https://armormania.booth.pm/items/2230765

スクリーンショット 2020-07-21 10.47.06



この度はピジョンアーマーをお買い上げいただきありがとうございます。

この記事ではピジョンアーマーの取り扱い方やお手入れ、調整などを説明したいと思います。



この甲冑に使われている樹脂。タフビロンとは積水成形工業株式会社が作るアクリル変成高衝撃プレートです。非常に強い樹脂でとても堅牢です。対衝撃性に対してはポリカーボネートやFRPに匹敵します!




 目次
  • 共通項目

    お手入れや構造、競技での使用など。

  • ピジョンアームアーマー

    フルセット装備の画像など。

  • ピジョンライトアームアーマー

    装備画像など。

  • ピジョンライトキュイス

    間違えやすい太ももの噛み合わせなど。






共通項目



・構造。

IMG_3696



 ピジョンアーマーはプラスチックの甲冑と皮ベルト。それを留める綴じ紐で構成されています。余談ですが、ドイツのゴシック式甲冑などを参考に作っています。


・サイズ調整。

IMG_3697

IMG_3698

IMG_3699


まず、写真のように綴じ紐で腕と肩をリベットで止められたベルトを結び繋ぎます。長さが調整できるので自身の体に合わせましょう。


IMG_3700

IMG_3701


次に肘を結びます。キツめに締めましょう。また、腕鎧の場合。肘の付け方はアーミングジャケットに直接付ける方法もありますので色々試すのも良いかもしれません。

また、脚鎧の場合も同様です。


・肘、膝の上下。


IMG_3703

IMG_3704

IMG_3705


肘や膝は上下があります。共通で刻印がある方が下です。前腕や脛に刻印があれば正解です。間違えると武器などが引っかかりやすいので注意しましょう。※写真で言うと手を持っている側が上です。


・取り付け方。

スクリーンショット 2019-10-05 21.20.08

IMG_3456

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_5698

IMG_5753




取り付ける位置は腕鎧の場合、肩の頂点、あたりがベストです。肩の上の方に取り付けようの穴が開いているので紐などでアーミングジャケットやギャンベゾンに取り付けましょう。

また、鎧を取り付ける専用の服がない場合はYシャツなど伸びにくい服に取り付けると良いでしょう。

脚鎧は専用のベルトやベストに穴を開けて取り付けます。腰より上がベストです。


・甲冑自体の微調整。

IMG_3706

IMG_3707

IMG_3709


 人によっては腕などの一部の甲冑が合わない人がいるかもしれません。そういった方は金切りハサミでカットして調整しましょう。


・革のお手入れ。 

IMG_3691

IMG_3692

IMG_3693
 
タフビロンアーマーにはカフーと呼ばれる頑丈な革を使っています。 切れにくい革ですが、お手入れを怠ると千切れたり、柔軟性がなくなる事があります。保革にはミンクオイルが個人的に当たったのでオススメします。


・競技での使用。

タフビロンアーマーは非常に頑丈で十分なクッションを仕込めば木刀の攻撃を耐える事ができます。SCA。ヘヴィファイトのルールの仕様で作ったので実際にお使いいただける耐久力となっています。
暗黒学園様のご協力のおかげで検証済みです。ありがとうございます。ツイートの動画。

ヘヴィファイトやLARPなどでお使いいただけると幸いです。※競技で安全ルールが異なるので競技団体のルールに則ってお使いください。なお、怪我などの保証はしてませんので自己責任でご使用ください。

また、鉄製の武器は適用外なのでアーマードバトルでの使用はお控えください。




ピジョンアームアーマー


・フルセット装備の例。

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender


まだ試作段階ですが、最終的にピジョンアーマーを組み合わせるとこのようになります。



ピジョンライトアームアーマー

・装備画像。

IMG_5184

IMG_5183


ピジョンライトアームアーマーはものすっごく簡素な作りしました。一応、防御力は据え置きです。手を加える余地が多いので、これを改造して自分好みの甲冑を作るのもアリかもしれません。


ピジョンライトキュイス


・太腿の噛み合わせ。

IMG_5835のコピー

IMG_5836のコピー


太腿の後ろが下になるのが正解です。これをするとリベット留めした革ベルトが張って強度が上がるように作っているので絶対しましょう。

また、持ち運びの際は折りたたむとコンパクトになります。

・クッションの有無。

FullSizeRender


IMG_5718

IMG_5728


ピジョンライトキュイスは従来の金属脚鎧よりもとても軽いです。ですが、それが欠点となって重さで緩和する筈の太腿攻撃の衝撃をもろに抜けてしまいとても痛いです。

なので、ヘヴィファイトで使う際は6mm以上のクッションを下に仕込みましょう。強度自体はあるのでこれで全然痛くはありません。ぜひ上の画像のようにクッションを装備しましょう。スポンジを裏に貼るのも良いです。


・取り付けベルト。

FullSizeRender

脚鎧を装備するにはアーミングジャケットか取り付けベルトがないといけません。

なので簡易ですが、ベルトの型紙と作り方を用意しました!初めて甲冑を着る方は是非作ってみてください!※装備するのに最低限の物で金属甲冑にはサスペンダーなど一手間加えないと使えないと思います。色々改造などをやってみましょう。


型紙↓↓↓↓



作り方の記事です!↓↓↓↓






以上で説明を終わります。それでは良い甲冑ライフを!! 

◇◇◇◇◇



先が金属なのでカッコいい!




 
柳刃がおすすめ。